読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お肌のカサカサを治療するアプローチ法

あなたの乾燥肌、ひとりで悩まないでください

あなたの食事は敏感肌に良い?悪い?

f:id:uruoilife:20170504104501j:plain

 

毎日、入念にスキンケアを行っているのに敏感肌が

なかなか改善されなくて悩んではいませんか?

 

そんなあなたは、体の外側のケアだけでなく

体の内側から体を綺麗にしていく必要があります。

 

私たちの体を作っているのは、毎日の食事で

体の中に入れている食べ物です。

 

毎日何を食べるかで、私たちの健康が決定付けられる

と言っても過言ではありません。

 

そこで、今回はどんな食事が敏感肌に良いのか、

どんな食事をしてしまうと敏感肌に悪いのかについて

ご紹介します。

 

敏感肌に悪い食事

 

私たちは意識しないと、毎日同じものを食べて

しまいがちです。

 

この偏食が体にとって良いことではありません。

 

同じものばかり食べていると、健康的なお肌に

必要なアミノ酸のバランスが悪くなり、敏感肌の

原因になってしまいます。

 

特に、炭水化物や脂質の多い食事は栄養のバランスが

とりにくく、お肌の生成に必要な栄養素が不足している

場合が多いのです。

 

さらに、小麦や大麦、ライ麦などに含まれるグルテン

アレルギー引き起こす可能性もありますので、摂り過ぎ

には注意が必要です。

 

 

f:id:uruoilife:20170504104516j:plain

敏感肌に良い食事

 

 

健康に良い食べ物は?と聞かれたら野菜を思い浮かべる

のではないでしょうか。

 

それで正解なのですが、生野菜よりも過熱して

食べなければならないような緑黄色野菜をおすすめ

します。

 

中でも緑黄色野菜を食べると摂取できる

「ビタミンA」が皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる

働きをします。

 

このビタミンAは油と一緒に摂取すると、体内に

吸収されやすくなります。

 

ですので、緑黄色野菜を使って炒め物をしたり、

脂質の多いゴマやアーモンドで和えたりお肉や

お魚と一緒に食べるとよりお肌に良い効果が

得られます。

 

ビタミンAが多く含まれている野菜は以下の通りです。

  • にんじん
  • ほうれん草
  • かぼちゃ

 

野菜以外ですと

  • 鶏レバー
  • 豚レバー
  • ウナギ

などがあります。

 

ぜひ今日の食事にでも取り入れてみて下さい!

 

毎日好きな物だけ食べていたい!という気持ちは

私も同じですが、好き勝手な食事ばかりしてしまうと

後悔するのは未来の自分です。

 

お肌が綺麗になってくると、今よりも楽しい毎日が

過ごせると思います。

 

周りの人に羨ましいな、と思われるお肌を目指して

頑張りましょう!