読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お肌のカサカサを治療するアプローチ法

あなたの乾燥肌、ひとりで悩まないでください

皮膚がかゆい症状を塗り薬で治療する

f:id:uruoilife:20170429193009j:plain

 

自分ではどうすることもできない「かゆみ」で

お悩みではないでしょうか?

 

お肌のセルフケアも大切ですが、なかなか改善

されない場合や、セルフケアの方法が間違っている

場合もあるので、病院での治療を考えてみても

良いと思います。

 

病院では、塗り薬や飲み薬を用いて炎症を抑え

かゆみを軽減させていきます。

 

今回は、病院で処方される「塗り薬」について

ご紹介します。

 

塗り薬

 

 

塗り薬には大きく分けて「ステロイド外用薬」と

「非ステロイド外用薬」があります。

 

ステロイド外用薬

 

 

ステロイドは皮膚が炎症を起こしてしまっている

部分に使う外用薬です。

 

症状の重さや症状がある場所によって、効き目の

強さが異なる薬を使い分け、症状が軽くなると

皮膚への刺激が低く効き目が弱い薬に切り替えて

使用します。

 

ステロイド外用薬は効き目が強いですが、その効き目の

強さゆえに長期間しようしたり、多用してしまうと

皮膚が薄く弱くなってしまいます。

 

特に顔に塗ったり、お子さんやお年寄りの方が使われる

場合は注意が必要ですので、ステロイド外用薬での

治療を考えられている方は病院に行って、お医者さんに

診察してもらいましょう。

 

f:id:uruoilife:20170507132903j:plain

ステロイド外用薬

 

 

ステロイドを含まない、非ステロイド外用薬には

「タクロリムス軟膏」や「消炎外用薬」があります。

 

・タクロリムス軟膏

タクロリムス軟膏はアレルギーの免疫反応を

抑える作用によって、皮膚の炎症によるかゆみを

抑えてくれます。

 

また、ステロイドを含んでいないので皮膚が薄い

顔や首にも使用しやすい薬で、健康な肌には

浸透せずに炎症などで皮膚のバリアが弱まっている

部分にだけ浸透します。

 

しかし、2歳未満のお子さんには使用できなかったり

ステロイド外用薬と同じで、顔に塗るとニキビが

できやすくなるという特徴があるので注意が

必要です。

 

・消炎外用薬

 

消炎外用薬は、ステロイド外用薬に比べて炎症を

抑える効果が弱い薬ですが、ステロイド外用薬を

使用した際にみられる副作用が少ないのが特徴です。

 

薬の成分によって、皮膚にかぶれを起こす場合が

あるので、かゆみや刺激、皮膚が赤くなってきたら

お医者さんに相談しましょう。

 

お薬については市販で売られているものもありますが

使い方を間違えると非常に危険ですので、一度病院で

診てもらうことをおすすめします。