読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お肌のカサカサを治療するアプローチ法

あなたの乾燥肌、ひとりで悩まないでください

脂性肌のニキビに効く「光」を使った治療法

f:id:uruoilife:20170503230835j:plain

 

顔が脂っぽくて、さらにニキビもできている。

 

あなたはそんな状態のまま、改善方法が見つからず

諦めていたり、八方ふさがりになっていませんか?

 

しかし、諦めるのはまだ早いんです。

 

今回ご紹介するとある治療法で、あなたの悩みが

すべて解決するかもしれません。

 

LED光による治療

 

 

あなたもLEDという言葉は聞いたことがあると

思います。

 

そのLED光を照射するだけで肌のニキビが

改善されるんです。

 

「光を当てるだけ!?」と思われるかも知れませんが

それだけで大丈夫なんです。

 

レーザーを使う治療よりも肌への刺激が少なく

ピーリングという治療とは違い、直接肌に触れないので

肌荒れが起きにくく、敏感肌の方も安心して

LED光での治療を受けることができます。

 

また、LEDの色ごとに効果が異なり、光をあてるだけで

それぞれの効果を発揮してくれます。

 

次に色ごとの効果の違いをご紹介します。

 

f:id:uruoilife:20170503230853j:plain

 

青色LED

 

 

この青色LEDには殺菌効果があります。

 

何の菌を殺すのかというと、ニキビの原因である

アクネ菌」です。

 

アクネ菌青色LEDの光を浴びると、活性酸素

生成します。

 

その活性酸素アクネ菌自身が酸化されて

死滅、自滅しちゃうんです。

 

また、青色LEDには皮脂の分泌を抑える作用が

認められているので、ニキビ原因であるアクネ菌

殺しながら、ニキビの悪化やニキビを予防するという

効果も期待できます。

 

 赤色LED

 

 

この赤色LEDには肌細胞を活性化させて、

肌のターンオーバーを促す効果と、炎症を緩和して

くれる効果があります。

 

また、ニキビの跡が赤く変色しているというケースにも

一定の効果があると言われています。

 

赤色LED光の効果は穏やかで、赤色LEDのみでの

治療というよりは、青色LEDと併用して使用されます。

 

黄色LED

 

 

この黄色LED光には肌細胞の修復能力を向上させる

効果があるとされています。

 

肌のターンオーバーの周期を正常にして、敏感肌の

バリア機能を改善する効果などが期待されています。

 

しかし、黄色LEDと赤色LEDについては研究途上の

部分が多いため、青色LEDと併用されていることが

ほとんどです。

 

病院で治療してみようと考えられた方は、

まずは青色LEDについてお医者さんに聞いてみると

良いと思います。