読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お肌のカサカサを治療するアプローチ法

あなたの乾燥肌、ひとりで悩まないでください

頭のフケでお悩みのあなた お薬について知っておきませんか?

f:id:uruoilife:20170430165822j:plain

 

頭から湧いて出てくるようなフケに悩んで

いませんか?

 

しっかりと頭皮のケアをして、自分に合っている

シャンプーを使ってもフケが改善されない場合が

ありますよね。

 

そんなときは、病院に行って薬を処方してもらうのも

一つの手段です。

 

かと言って、どんな薬が処方されるのかわからないし

薬を使うと肌に悪い影響を与えたしまうのではないかと

心配されている方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、フケの原因別に処方される

可能性のあるお薬を知っていただき、

あなたの心配を少しでも軽くできればと思っています。

 

フケの原因となる病気

 

 

脂漏性皮膚炎

 

 

この病気の症状は、頭皮が赤かったり、髪を洗っても

髪が脂っぽかったり、頭を指でなぞったときに大きめの

フケが爪の間に詰まるといったことが起こります。

 

脂漏性皮膚炎は私たちの体に存在するマラセチア菌

という菌が増えすぎることが原因です。

 

これを放っておくと、頭全体がフケだらけになって、

取り返しのつかないことになってしまいます。

 

脂漏性皮膚炎に効果のある薬は大きく分けて

3つあります。

 

 

抗真菌薬と抗菌薬は先ほど出てきた、マラセチア菌の

増殖を抑制してくれます。

 

ステロイド薬は皮膚炎によるかゆみや炎症を

抑えてくれます。

 

混合薬については、上の2つの効果を併せ持った

お薬です。

 

炎症があるかどうかによって、処方されるお薬が

異なってきますが、特に炎症が出ていない場合は

「ニゾラール」や「ニトラゼン」といった

原因菌を抑えるお薬が処方されます。

 

f:id:uruoilife:20170429193044j:plain

 

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

 

 

この病気の症状は、皮膚が腫れて赤くなり、その上を

乾燥した角質がかさぶたのように覆ってしまう

というものです。

 

そして、その一部がフケとして剥がれ落ちてきます。

 

この病気は感染症ではなく、遺伝や環境が原因と

言われています。

 

自然に治らず、慢性化してしまうため尋常性乾癬の

疑いがある場合は速やかに病院に行くことを

おすすめします。

 

病院でもらえるお薬は大きく分けて3つあります。

 

 

ビタミンD3外用剤は、皮膚が作られる周期を正常化して

角質が多くなるのを抑えてくれます。

 

それにより、皮膚の新陳代謝が改善されたて乾癬の

症状も改善されてきます。

 

ただし、腎臓病のあ方やビタミンD3剤を広範囲に

用いる場合は注意が必要です。

 

できる限り患部に塗るようにして、健康的な皮膚にまで

広げないように注意してください。

 

先ほども出てきましたが、ステロイド外用剤は

かゆみや炎症を和らげてくれます。

 

ステロイドはビタミンD3との併用治療も

広く行われています。

 

乾癬がある皮膚の部分はステロイドの副作用が

出にくいと言われていますが、しっかりと用量用法を

守って使用することをおすすめします。

 

また、病気ではなくても頭が乾燥してフケが出る

場合のお薬もあります。

 

それには頭皮の乾燥を防ぐお薬とかゆみを抑える

お薬があります。

 

病気ではないかも知れないけど、フケが収まらない

方も一度病院に行ってお薬を処方してもらってみては

いかがでしょうか。

 

何をせずに、放っておくよりもまずは行動してみることが

後々後悔しないためにも重要かと思います。